給与計算システムの3つの種類|ポイントを抑えた選び方

男性

申請書類の作成と承認

スーツの人達

社内には大事な書類が沢山あります。その中でも申請書類は多く、通常の申請書類は、担当社員・課長・部長のハンコが必要になります。そのため、上司がクライアントとの打ち合わせのため外出していたり、会議中で席を外していたりすると、申請書類の承認が遅れてしまいます。それだけでなく、申請書類はしっかりと管理しないとなくしてしまうこともあります。社内にはいろんな書類で溢れているので、他の書類の中に紛れ込んでしまう可能性もあるのです。そのため、多くの企業がワークフローシステムを導入して、申請書類の管理や承認をスムーズに行なっています。

ワークフローシステムを導入すると、紙媒体で申請書類を作成しなくても良くなります。データベース化して、担当社員・課長・部長がいつでも見れる環境を構築します。そのため、他の書類に紛れ込んで紛失するリスクを軽減することができます。さらに申請書類のテンプレート化も簡単に行えるので、作成する担当者の負担が軽くなり、時間を有効に使う事ができるでしょう。

また、ワークフローシステムを導入すると、申請書類の承認もスムーズになります。今までは上司がオフィスにいないと承認のハンコをもらえませんでした。ですが、ワークフローシステムを導入することで、データベース化することが可能となるので、スマートフォンからも閲覧し承認をもらうことができるようになりました。上司が外出していても、申請書類の承認がもらえるのは、ワークフローシステムのメリットの1つです。